2009年05月06日

アイグリップウォーカーのi型ソールの働き

アイグリップウォーカーには、
i型のソールが内臓されていて、これが足の握る
力を強めると前にも少し書きました。

でも、そもそもなぜ足の握る力を強くすることが
大事なのか分かっていないと、友達にも勧められない
と思いますので、ここで紹介しておきます(笑)

足の役割として、大事なのは歩くことですね。

裸足で歩いてみると分かると思いますが、そもそも
足は地面をつかむ、握るようにして歩いているもの
なのです。

グリップしながら歩行を進めているんですね。

近年では欧米化が進み、また足元のお洒落にも気を使う
人が多くなったのか、あまり裸足で歩き回ることが
少なくなっているはずです。

そして、靴を長時間履いていると思うのですが、
市販の靴はソールが平らで、足裏の形にフィットしない
のです。

これでは、足裏のグリップ力を使うことがなくなるので、
どんどん衰えていきます。

そうなると、年齢を重ねてくると、体のバランスが
崩れてきたり、歩行が思ったようにいかないなどの
症状が早く訪れる可能性が出てくるのです。

なので、足裏のグリップ力は普段から使わないと
いけないんですね。

グリップ力を高めるのに、i型のソールが役に立つ
というわけです。詳しい設計については分かりませんが
専門家が計算して作っているので、機能的なものに
なっているはずです。

→アイグリップウォーカーの購入はこちらから!
posted by danchan186 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。